<

【イラスト実践記録】カラーラフでイラストの質も効率も上がる!?必須テクか?

どうも、タヌスケ(@sinzakki02)です。

これまで【実践!デジタルイラスト講座】としておりましたが、今回より【イラスト実践記録】にタイトル変更します。

イラスト講座に限らずイラストの実践記録として、備忘録として記事にしようと思ったからです。

私的な事ですが、良かったら参考にしてください。

今回のテーマは【カラーラフ】です。

  • カラーラフを用いた画法を知りたい
  • カラーラフの効果を知りたい。
  • 今とは違う描き方がしたい。

そもそも【カラーラフ】とはなんぞや?ってことですが、こんな感じ。

簡単言うと、ラフの段階で色まで塗ってしまう事。(断言)

上手い人は完成?って勘違いするくらいにしっかり描き込んだカラーラフを描いてます。そういう人のメイキング動画は衝撃ですよ。

衝撃のカラーラフ:lack氏の動画 2:50あたりで愕然とする。

っほんとにさ、カラーラフで十分だよ・・・

そこまで描かないにしても色付きのラフって事。

メガネ
メガネ

でも・・・この方法って遠回りをしているように感じる

まぁ、確かにそう感じるのは無理もない。

でも実は逆で、効率的な上に作品の完成度も上がるらしい・・・・。

たぬすけ
たぬすけ

そんなうまい話ある訳ないだろっ!!

って事でその真偽を確かめるべく、【カラーラフ】について手順を動画で学びながら、実践した過程や結果、感想、疑問などを記録します。

広告

カラーラフの参考動画紹介

今回もYouTubeの動画を参考にしながら、カラーラフについて学びたいと思います。

今回のお手本動画は以下の2本です。

さいとなおき ティファ&エアリス イラストメイキング【完全公開】

広告

焼まゆる 【有料級!】最近マスターした技術、全部見せちゃいます!

見て貰えばわかるけど、両方とも一朝一夕でマネできるものじゃないデス。カラーラフとか言う前にハイレベルすぎる。

さらにどちらもカラーラフの描き方を紹介した動画ではないので、詳細な説明はありません。見様見真似、結構な部分を推測と手探りです。

結局何事も習得には鍛錬と工夫が必要。

カラーラフのメリット

先にカラーラフのメリットを紹介しておこう!

  • 全体の構図・バランスが取りやすくなる。
  • 色のバランスもとりやすくなる。
  • ラフ→清書へのイメージ落差が少ない。

これまで下描き(ラフ)は線のみで描いてましたが、ラフの段階で塗る事で形や色のバランスを確認できるというのが最大のメリットだそうです。

イメージとして・・・

カラーラフでは無いけれど、線で描くよりも中を塗った方が形を認識しやすい。陰影を描くと光源や立体感も把握できるので、線入れの際に強弱を付けやすい。

ラフは【↓】の段階から描き始めのが効率的かも・・・

広告

実践

メイキング動画の工程や考察を紹介しながら、実践の模様や感想なども紹介してゆくよ。

下書~カラーラフまでの手順

動画の手順は恐らくこんな感じ

  1. グレーで下塗りして構図、バランスの調整
  2. グレーで陰影
  3. 色を塗り。大まかなカラーバランスを調整。
  4. カラーラフの完成

ここまでは両者共に同じような手順だと思います。

実践 下書き(大ラフ)~カラーラフまで

たぬすけ
たぬすけ

あれだけ力説したのに、線でラフを描いてしまった・・・

メガネ
メガネ

・・・・

いつも癖で描いてしまったので、気付いた時には戻れませんでした。

失敗した点をもうひとつ挙げると、人物と背景は別レイヤーになっているのですが、人物の色と線は同じ一つのレイヤーで描いてしまいました。これが後々痛いミスになります。

ポーズははじめ立ちで考えてましたが、背景を描く事をしたので椅子に座るポーズに変更しました。これはラフの時点で修正ができて良かったです。

色についてもラフなので、気負うことなく色選びできるので普通だったら塗らない色にも挑戦しやすかったです。出来上がりは無難ですが、試した結果に選択した色なので自分の中で説得力があります。

という事で、今回のお題である【カラーラフ】についてはこの段階で完了します。そのため、記事としてはここまでOKですが、今回の肝はここから先でした。

カラーラフ~の両作家の描き方の違い

カラーラフが完成し、この後線入れや色塗り、仕上げと進みます。が、この先の工程で両作家のやり方が異なります。

たぬすけ
たぬすけ

この違いに私は悩みました。どちらにすべきか?

しかも、どちらも難しくて簡単にはまねできない代物だったのです。

比較してみます。

線入れ

カラーラフ(さいとうなおき氏はグレー)からの線入れ工程について比較します。

さいとうなおき氏塗り→線入れ
焼きまゆる氏線入れ→塗り

さいとうなおき氏のやり方は塗ってから線を引く独特のスタイル。なんだかカッコ良い描き方。

あこがれるけど、やってみると難しい。色のみで形を整えて立体感を表現できる画力が必要という事でハードルは高い。

下塗りと線入れを同時に行うような感じですね。

一方で焼まゆる氏の線入れはオーソドックス。

カラーラフを作った上での線入れなので、質感や形状などの理解が深まっているので線の強弱をより反映した線入れが可能。(カラーラフの効能)

色塗り(陰影)

さいとうなおき氏一影・二影
焼まゆる氏パーツ毎にカラーラフをクリッピング

さいとうなおき氏は先述の通り、線入れの段階でベース色も完了している。陰影についてはアニメ塗り同様に1影、1.5影、2影とスタンダードな塗り。

一方、焼まゆる氏は今回の動画で初挑戦だというが、カラーラフをフルに活かした塗り。パーツ毎にレイヤー分けし、それぞれのレイヤーにコピーしたカラーラフをクリッピング。

カラーラフのベース色、陰影をそのまま活かしつつ、キレイに清書したりディティールを追加したりして仕上げる。

この方法だとカラーラフで塗った色が無駄にならず、カラーラフの上に厚塗りする感覚で作品を整えていく方法じゃないかと推測している。

たぶん、こんな感じのレイヤー構造になっていると思う。

実践 線入れ~色塗りまで

結局どちらの方法で実践するか?迷いましたが・・・・

たぬすけ
たぬすけ

どちらも実践する!!

さいとうなおき氏のやり方

たぬすけ
たぬすけ

描いてみた感想

本来【ベース色】→【線入れ】なのだが、実践してみたところ無理・・・なので、いつも手順で済ませた。

結果的にさほど仕上がりはいつもと変わらない・・・というのが正直な感想です。

焼まゆる氏のやり方

たぬすけ
たぬすけ

描いてみた感想

なかなか癖のあるレイヤー構造に苦戦。パーツ毎に色分けしたレイヤーにそれぞれカラーラフをクリッピングする。全てクリッピングが終わるとカラーラフと同じ絵が完成する。(【全部クリッピング】画像参照)

その後、「綺麗にする」と呼ばれる作業をする。カラーラフを綺麗に仕上げる作業である。

動画で見ている分には理解していても、実際にやってみると難しい。

さらにカラーラフで色と線を同じレイヤーにしてしまったミスがここで響いてくる。

本来であれば、カラーラフの色をそのまま使用できるメリットがあるのだが、余計な線を消すという作業が必要となり、メリットを生かしきれなかった。

髪の毛からこの作業をしたが、必要以上にレイヤーを分けてしまった結果8個のレイヤーを使用した。それに比べて【ベスト】【シャツ】に関しては作業に慣れたため、少ないレイヤーで処理できた。

このやり方のデメリットとしてはレイヤー数が多くなってしまう事。

レイヤー操作が煩雑になる事と、塗り残しやミスの修正が非常に面倒になる事が気になった。

背景

一応背景についても手順を追って仕上げ見たよ。

たぬすけ
たぬすけ

描いてみた感想

単純な背景だが、【パース定規】を使ってできるだけちゃんと描く事を意識した。

ただ、やはり背景は面倒で難しいわりにさほど重要ではない(少なくとも私の描く絵では・・・)

できるだけ手抜きしたい気持ちが前面に出てしまっている。

完成図比較

たぬすけ
たぬすけ

注意

どちらの絵もマジメに取り組んだ結果。

同じラフから始めたにも関わらず塗り方による違いは出たが、それは私が未熟だから。

この2つ絵の違いは描き方の違いからくるものではない。と言う事を注意したい。

この2つの画法の違いは、絵柄ではなく効率や描きやすさの違いなはずだからだ。

なので、この結果を見てどちらかの画法にする事はあまり意味がないと考えている。

まとめ

今回の描き方はかなりハイレベルに感じた。

率直に言えば【カラーラフ】のおかげで目に見えて楽になる事は無い。

ただ、ラフの段階で完成形が見える事と色塗った後との落差が少なくなるので、ハードルが下がる感じはする。今後も取り入れた方が良いと思った。

【カラーラフ】以外の工程については、やっていること自体は理にかなっているのだが、身になっていないので窮屈さを感じるのが率直な感想。修練が必要だと思う。

それじゃなくてもアニメ塗りがやっぱり落ち着くとか、グリザイユがイイらしいなど目移りしているので、画法については絞りたいのだがいまひとつ決めかねている。

さらに新たな課題も発見。

それは線画について。

これまで画一的に描いていた線画(線入れ工程)だが、カラーラフをする事によって、線画で陰影を表現する事を学んだ。

だとすると

  • 全てのラフ線を線入れする必要があるのか?
  • 線画は陰影の一部として2影あたりですればいいのではないか?
  • 色トレスが苦手!!

などなどです。これについては以降の記事で検証していきたいと思います。

今回は以上です。

ご精読ありがとうございました。次回もお楽しみ。

最新情報をチェックしよう!
>About Sin-Zakki

About Sin-Zakki

本ブログは文字通り雑記ブログです。
個人的な趣味を気の向くまま記事にしております。
あくまで個人的意見ですので、話半分にお願いします。