在宅ワーク突入中!
iPadがデジタルイラスト初心者に初心者に最適なペンタブである4つの理由

iPadがイラスト初心者におすすめな4つの理由

iPadがデジタルイラスト初心者に初心者に最適なペンタブである4つの理由

どうも、たぬすけです。

今回は「デジタルイラスト(デジ絵)をはじめるには何を買ったらいいか?」お悩みの方に向けての記事です。

デジタルイラストは道具さえあれば誰でもはじめられます。一方でプロが存在するなど間口が広く奥が深いジャンルです。

その為、道具も多種多様です。

特にペンタブレット(ペンタブ)は種類が多過ぎて何を買ったらいいのかわからないと悩んでしまいます。

そこで私がオススメするのが

iPadです。

理由は初心者にも使いやすく、携帯性とコスパに優れているからです。

この記事ではこれからデジタルイラストをはじめる方にはiPadがオススメである理由をお伝えします。

iPadが最適である4つの理由

大きくまとめると以下の4点になります。

  1. 液晶タブレット(液タブ)である
  2. 携帯性に優れたスペックとサイズ
  3. 比較的安い
  4. 絵を描かなくなっても安心

それぞれについてもう少し詳しく説明します。

広告

液晶タブレット(=液タブ)である事

ペンタブ

ペンタブはタブレットとペンで一対

まず前提として、

iPadは【液タブ】です
そのうえで、なぜ【液タブ】の方が良いのかを紹介します。

ペンタブレット(ペンタブ)はおおまかに【液タブ】【板タブ】という2種類に分けられます。

液タブと板タブの違い

【液タブ】と【板タブ】のメリット・デメリットについて簡単にまとめておきます。

 板タブ液タブ
メリット

・丈夫

値段が安い

・軽い

・描きやすい

デメリット

・慣れが必要

・値段が高い

・サイズにもよるが重い

特筆すべきは【板タブ】の価格の安さです。

1万円以下のエントリーモデルが豊富に揃っており、とりあえず試してみるという意味ではオススメです。

しかし、【板タブ】のデメリットとして慣れが必要とありますが、これが【液タブ】と【板タブ】の最大の違いである目線の違いです。

【板タブ】はタブレットには線が表示されないので、どんな線が引けたかはモニターを確認する必要があります。

対して【液タブ】は描き込まれた線がそのままタブレットに表示されるので、紙とペンの感覚で使う事ができます。

板タブ液タブ
タブレットに描き込みするが、絵が表示されるのは別モニター。液晶画面に直接描き込む。

そのため、絵を描く場所と見る場所が異なるので慣れと訓練が必要になります。

初心者でも抵抗なく使うことができるのが【液タブ=iPad】がオススメな理由です。

広告

携帯性に優れたスペックとサイズ

数ある【液タブ】の中でもiPadをオススメする理由の一つが携帯性が非常に優れている事です。

携帯性がなぜ重要なのかというと、どこにでも持ち出せるので場所や時間を選ばず描きたい時に描けます。

つまり絵を描く時間の確保が可能になるからです。

例えば、一般的な【液タブ】とiPadについて比較した表をご覧ください。

 液タブiPad
PC必要の有無基本的に必要不要
画面の大きさ・サイズ13~32インチ9.8~12.9インチ
持ち運びのしやすさ・携帯性

一部機種にて可能 

機種にもよる13インチ 1.1kg

非常に良い 500g以下
描きやすさ良い良い
充電不要必要
ペイントソフトCLIP STUDIO、MediBang、SAICLIP STUDIO、MediBang、SAI、アイビス、Procreate
価格2万円〜 + パソコン本体?

iPad(中古)3万円+Apple Pencil 1.5万円 〜

その他筆圧やショートカットなど便利な設定が多数絵を描く以外の機能がPC並みに充実

iPadの携帯性に優れている点は

  • PCとの接続が不要であること。
  • 画面のサイズが小さいこと。
  • 重量が軽いこと。

【液タブ】とiPadでは想定している使用環境が違いますが、ほとんどの【液タブ】はPCとの接続が必要ですので、携帯性は悪くなります。

尚、一部機種ではアンドロイドスマホとの接続で代替できるタイプがあります。また上位機種には【液タブ】のみでの運用が可能な機種も存在しており、携帯性は向上しているそうです。

一方iPadは持ち出すことが前提のモバイル端末です。

サイズが小さいことは【液タブ】としてデメリットですが、携帯性としては大きなメリットです。

絵の上達にはとにかく絵を描く事が最も大事です。そのためには絵を描く時間の確保が必要となります。

つまり

絵を描く時間の確保=携帯性は最も重要視すべき機能だと思います。

iPadのオススメする最大の理由といっても過言ではありません。

比較的安い

価格の面でも【液タブ】よりiPadの方がリーズナブルです。

先程の表で価格の部分だけ見てみますと、【液タブ】の方が安価に見えます。

 液タブiPad
価格2万円〜 + パソコン本体?iPad(中古)3万円+Apple Pencil 1.5万円 〜

しかし、【液タブ】はPCとの接続が必要となる機種が多く、デジタルイラストができる環境にするためにはPC本体も必要となることから、それらを含めると10万円近くなります。

もちろん、タブレットに対応できるPCをすでにお持ちの場合やアンドロイド対応の【液タブ】の場合は、PC本体の費用は不要です。

一方でiPadはPC不要で使用可能なため、iPadと絵を書くために必要なApple Pencilだけあれば十分です。

それぞれの具体的な価格を見てゆきます。

【液タブの】の価格

PCに接続が必要な【液タブ】はリーズナブルですが、PC不要の液タブはOS(主にWINDOWS)が搭載されている分割高になる傾向です。

・【PCが必要な液タブ】こちらは比較的リーズナブルな機種(中古3.8万〜新品6万)

・【アンドロイド対応液タブ】調査時の価格2.8万円とリーズナブル。※iPhoneは使用できません。

・【PC不要の液タブ】こちらは完全にプロ使用です。調査時の価格30万円

iPadの価格

一言でiPadと言っても、何世代もの機種があります。機能と用途によりお値段もピンキリです。

ここでは【液タブ】として使用するため、Apple Pencilが使用可能なモデルのみを紹介します。

2021年時点でApple Pencilには第一世代と第二世代があり、対応機種が異なりますので、ご注意ください。
それぞれのペンの特徴や対応機種については別記事(後日公開)にて紹介しますので、参考にしてください。

【最安モデル】第六世代で32GのWiFiモデルは中古品しかありませんが、3万円以下と破格です。

ちなみに私が使用しているのもこのモデルです。

9.7インチ画面は正直小さいです。またメモリー32Gモデルと少なく、処理にもたつきも感じます。

とりあえずはじめたいという方にはおススメしますが、本格的にはじめたい人には物足りないスペックです。

【上級モデル】プロ御用達のiPadPro

iPadProもいくつかのモデルがあり古い機種はそれなりにリーズナブルです。

iPad Proは全てApple Pencilが使用可能です。

・11インチ液晶と64GBメモリーは必要十分なスペックです。

・最新モデルは12.9インチの大型モニターと128Gのハイスペックモデルです。お絵描きだけに使うには有り余るほどのスペックです。

iPadにはWifiモデルとWifi+Celluer(回線)があり、Wifiのみのモデルの方が安価です
CelluerはWifiが無い場所でも通信ができますが、別途有料回線との契約が必要となります

タブレット単体で見ると【液タブ】に軍配が上がりますが、

iPadは比較的価格を抑えた上でデジ絵を始められる環境が揃いますので、コスト面でも十分優れています。

絵を描かなくなっても安心

iPadは絵を描かなくても大変役に立つデバイスです。

そのため、絵を描かなくても十分使い道があります。むしろ絵を描く機能は数ある多機能のごく一部に過ぎないです。

何が言いたいかというと・・・

今はデジ絵を描くぞ!と意気込んでいても、突然気持ちが萎えることがあります。絶対に!

最悪描くのをやめてしまうかもしれません。

【液タブ】は絵を描くことに特化しているが故にそれ以外の用途には使えません。でもiPadであれば絵を描かなくても使い道はいくらでもあるのです。

はじめる前から縁起と思われるかもしれません。

しかし

万が一を想定しても損をしない選択。

一歩踏み出す気持ちが軽くなりませんか?

これもiPadを選択する十分なメリットだと思います。

iPadを選択した場合に考慮すべきこと(デメリット)

万能にも見えるiPadですがデメリットもあります。

液晶サイズの小さい

9.8インチiPadでクリスタ

上記は私の9.7インチiPadです。画面が小さいため半分がメニューに割かれてしまい、描くスペースが狭くなります。

iPadのラインナップは液晶サイズ9.7~12.9インチと全体的に小さく、選択肢も少ないです。

【液晶タブ】であれば、13~32インチと幅広い液晶サイズから選ぶことができます

板タブは液晶が別ですので、好きなサイズの画面を使用することができます。

ただし、液晶サイズ と携帯性は裏表ですので、どちらを選ぶかによりメリットデメリットの評価は分かれます。

CLIP STUDIOが買取りではない。

本格的にお絵描きをはじめたい人には必須のツールとなるのがお絵描きアプリです。

そのお絵描きアプリの中で特にユーザー数が多いのが、CLIP STUDIO(通称クリスタ )です。

PCや【液タブ】では買い切りのため、一度購入すればその後の追加料金は発生しません。

しかしiPad版だけは月額制のため料金を支払い続ける必要があります。

iPad自体の弱点ではありませんが、使用端末を選択する上で考慮する必要があります。

CLIP STUDIOについては下記バナーにてご覧ください。

なお、お絵描きアプリは他にありますので紹介します。無料でも優れた機能がアプリです。

・【アイビスペイント】直感的に使いやすいです。iphoneとの連携やタイムラプス機能もあります。無料

ibisPaint

Drawn with + ibisPaint…

・【Medi Bang】メディバンは漫画を描く機能に特化してます。無料

メディバンペイント(MediBang Paint)

無料のイラスト・マンガ制作ツールメディバンペイント(MediBang Paint)のオフィシャルサイトです。メディバンペ…

iPad単独では使いにくい場面も

絵を描くことから少し離れますが、文章を入力したり、コピペやドラッグなどのPCでは基本的な作業をiPadするのは多少苦痛です。

タッチパネルのため全て指先の動きで操作しなければいけないからです。

スマホでも同様ですが、文章を入力するのはとても大変です。特にブログなどの長文をフリック入力で全て行うのは苦行です。

もしiPadをPC替わりに活用するのであれば、マウスやキーボードなどの周辺機器も揃えることをお勧めします。

本来の携帯性をできる限り損なうことなく軽量・コンパクトな製品もあります。

iPadのオススメ周辺機器につきましては、後日記事にしたいと思います。

まとめ

この記事ではiPadがいかに初心者向けてのペンタブとして最適であるかの4つ理由を紹介しました。

  • 液晶タブレット(液タブ)である
  • 携帯性に優れたスペックとサイズ
  • 比較的安い
  • 絵を描かなくなっても安心

つまり

iPadは使い易さ、機動力、機能、価格のバランスが優れた初心者には最適なペンタブ。

という結論です。いかがだったでしょうか?

参考にしていただければ幸いです。

後日、実際にどのiPadが向いているのか?便利な周辺機器・道具などを紹介する記事をUP予定ですので、そちらも併せてご覧ください。

広告
iPadがデジタルイラスト初心者に初心者に最適なペンタブである4つの理由
最新情報をチェックしよう!
>記事作成に集中できる環境

記事作成に集中できる環境

ブログで最も重要なのは記事を書く事です。
しかしテーマやデザイン選びなどに時間を取られがちに。
WordPressには優れた無料テーマがたくさんあります。

しかし、私が有料テーマ【THE THOR】を使っています。
理由は記事を書くことに集中したいからです。

このテーマはhtmlなどの知識が無くても豊富なデザインから選択でき、SEOにも強い。
WORD PRESS初心者でも本格的なブログを作成できます。
テーマ選びやカスタマイズの手間からの解放。

この初期投資は有効な選択肢のひとつです。