Noteやめました。

基本にしてオールマイティ!ソニーEマウントASP-C用標準ズームレンズ SELP1650を語る

一眼レフの魅力は何と言ってもレンズ交換ができる事。

レンズを交換することでそのレンズが特化した能力をカメラに与えることができます。

望遠レンズを付ければ望遠カメラにマクロレンズを付ければ、小さいものも撮影できる虫眼鏡のようなカメラにもなっちゃう訳です。

一眼と言えばレンズ、レンズと言えば一眼と言っていいほど大事で、何ならカメラ本体よりも大事かもしれない。

という事でレンズの特集記事も書いていきたいと思います。

 

初回は【SELP1650】です。

 

SELP1650

広告

スペック

  • 35mm判換算焦点距離:24-75mm
  • 最短撮影距離:0.25m(ワイド端)-0.3m(テレ端)
  • フィルター径:φ40.5mm
  • 質量:約116g
  • 解放絞り(F値):3.5-5.6

特徴

近くから遠くまで広いレンジを撮影でき、それでいて薄く軽い。

まさにASP-Cの特徴を体現しているようなレンズです。

キットレンズと言ってカメラとセットで販売されているレンズですので、αのASP-Cとは相性抜群!まずこのレンズから始める人も多いと思います。

キットレンズの【キ】は基本の【き】と言えるほど汎用性が高く使いやすいレンズです。コンデジと同じ感覚で使える為、スムーズに一眼に慣れるにはうってつけレンズと言えます。

電動ズームも搭載されているので、動画にも適しており、旅先に持って行くならこれ一本でもOK。

ただ、画質についてはコンデジと比較しても目覚ましく良いと言えるほどでは無いかもしれません。またF値もそれほどなので、期待したほどボケないと思われるかもしれませんね。

下記サイトにてこのレンズで撮影された写真を見ることができます。※本当にこのレンズで撮影したのかと疑うほどの素晴らしい写真が掲載されてます。

自分の腕の無さを嘆くばかりです。

https://acafe.msc.sony.jp/photo/list/order/tag/order2/lately/lens/E%20PZ%2016-50mm%20F3.5-5.6%20OSS/page/1]

広告

こんなアイテムでよりコンデジ感UP

電動ズームを利用した開閉式のカバーも別売りですがあります。

結構プラスチックカバーの付け外しって煩わしくないですか?

でも、これがあれば電源をONにするだけでサッと撮影可能です。カバーをなくしたりする心配もありません。

これを使うと一眼なのにコンデジ感が半端じゃないです!!(いい意味で)

欠点しては、ガラスのレンズカバーを付けるとこのカバーを使用できません。撮影時は開閉部のレンズは裸の状態という事。

便利さを取るか、レンズを傷から守る事を取るか、悩みます。
まぁ、ガラスカバーを付ければプラスチックのカバー無しでもOKなのかもしれませんけど、、、

今回のイメージレンズガールは

イメージレンズガールとは・・・・
このレンズを使ってそうな女子校生のキャラクターシリーズです。
 
デジ絵を始めたばかりなので、美少女の絵が描きたかっただけです。ハイ。

今回の【SELP1650】のイメージは、

サイズが小さく、コンパクトという事で、活動的(機動力がある)で快活なイメージからショートカットで元気な女の子をイメージしてみました。

いかがでしょうか?

まとめ

以上がSELP1650の紹介でした。

いかがだったでしょうか?キットレンズという事でとりあえず初めての一眼を使うにあたって必要な機能はカバーしている万能レンズです。

まずはこれを使いこなしてから、次のレンズを検討してみるっていうのが王道ですかね?

これからもこんな感じでASP-C専用レンズの紹介をしていきたいと思いますので、今後もお楽しみに!

広告
最新情報をチェックしよう!
>記事作成に集中できる環境

記事作成に集中できる環境

ブログで最も重要なのは記事を書く事です。
しかしテーマやデザイン選びなどに時間を取られがちに。
WordPressには優れた無料テーマがたくさんあります。

しかし、私が有料テーマ【THE THOR】を使っています。
理由は記事を書くことに集中したいからです。

このテーマはhtmlなどの知識が無くても豊富なデザインから選択でき、SEOにも強い。
WORD PRESS初心者でも本格的なブログを作成できます。
テーマ選びやカスタマイズの手間からの解放。

この初期投資は有効な選択肢のひとつです。