【超基礎デジ絵イラスト】ベース色をブラシで塗ってはダメな理由

どうも、たぬすけです。

今回はベース色を塗る際に知っておいて欲しい注意点について紹介します。

これは【実践!無料イラスト講座】でイラスト描く上でミスした内容を抜き出した記事です。

この記事で最も言いたいことは

ベース色は筆で塗ってはいけない!

と言う事です。

 
メガネ
なぁーーんだ、そんな事か・・・

確かになんて事はありません。が、

もしかしたら、初心者には陥りやすいミスなのではないか?と思ったので紹介したいと思います。

広告

ベース色とは

これまで【アニメ塗り】【厚塗り】【グリザイユ画法】と様々な塗り方を学んできましたが、

どの画法でも必ず行うのが、ベース色の着色です。

ベース色とは・・

色付けの基礎となる色。この上に光や陰影を加えることで質感や立体感を出すことができる。

具体的にそれぞれの画法でのベース色をみてみると・・

アニメ塗りの場合(ディープブリザード 【超入門講座#02】模写)

厚塗りの場合(ディープブリザード【超入門講座#20】より模写)

グリザイユの場合(ディープブリザード【超入門講座#27】より模写)

グリザイユの様に無彩色であってもベース色は必ず必要な土台となる色です。

ベース色の塗りつぶし

ベース色を塗るためにはいくつかの方法があります。

質問 どんなツールを使って塗りつぶししますか?
 
メガネ
塗りつぶしツールに決まってるでしょ!!

正解。

では【塗りつぶしツール】を使って塗った結果こうなりました・・・

表情 娘 驚き
undefined
ひどい塗り残し・・・・

では、再び質問です。

この塗り残しはどんなツールを使って塗りますか?
表情 怒り
たぬすけ
こまめに塗りつぶツールを使う、ペンで塗る、塗り残しツールもあるよ!
 
メガネ
筆やブラシでもいいんじゃない?

結果的には

どれを使っても塗ることはできます・・・・ただし

広告

筆とブラシでベース色は塗りつぶしてはいけない

本題ですが、ベース色を塗りつぶす際に筆やブラシを使ってはいけません。

表情 娘 悲しみ
メガネ
なんで? 綺麗に塗れているじゃない!!

確かに一見、均一に塗れている様に見えます。

が、実は筆やブラシで塗った箇所には若干の濃淡が存在しているのです。

表情 娘 悲しみ
メガネ
見た目が綺麗なら問題ないじゃない!

色付けがベース色のみであれば、特に問題はありません。

しかし大抵はベース色の上に影や光を描き込むもので、その際に支障が出てきます。

色域選択が正しくできない

筆やブラシによる若干の濃淡により、色域選択がうまく設定できないというデメリットがあります。

色域選択とは、、、

指定した色を選択する事で、その色と同じ色で塗られた箇所を選択することが出来る機能です。

ベース色を塗り終えた後に陰影をつける際に便利な機能です。

なぜ、ベース色で筆やブラシで塗ってはいけないか?

筆やブラシは色に濃淡があるからです。

色域選択は同じ色しか選択しないので、同じ色で塗ったつもりでも濃淡により別の色と認識されてしまうことがあります。

その結果、先程の肌色のベース色を色域選択すると

このように同じ肌色を選択したにもかかわらず、歪な選択範囲となってしまいます。

このまま着色すると

こんな感じになってしまいます。

広告

解決方法

色ムラの無いペンや塗り残しツールで塗れば問題ありません。

塗りつぶしツールの塗り残しは【塗り残し部分に塗る】のツールが最適です。

別のアプローチとして、色域選択の設定を調整して色の許容誤差を大きくしても解決できます。

ただし、あまり大きくすると微妙な色違いの認識をしなくなるため、

他の作業に支障が出てしまうのでオススメできません。

まとめ

いかがだったでしょうか?

【厚塗り】や【グリザイユ】では微妙な色の濃淡で表現するため、筆やブラシを使用します。

うっかりそのままのツールでベース色の塗り残しに使ってしまうとこのようなミスが発生します。

大したことではありませんが、知っておけば防げるミスなので忘れないように記事にしました。

誰かの役に立てば幸いです。

今回は以上です。

ご精読ありがとうございました。

また次回をお楽しみに。

記事のアイキャッチはPixivでも公開してます。よかったら見てね!

pixiv

40超えてからクリエイターになりたい男『タヌスケ』のPIXIVです。 普段は会社員、空いた時間で絵の修行をしております…

最新情報をチェックしよう!
>About Sin-Zakki

About Sin-Zakki

本ブログは文字通り雑記ブログです。
個人的な趣味を気の向くまま記事にしております。
あくまで個人的意見ですので、話半分にお願いします。