<
土下座で謝罪

【イラスト上達の最短ルート】目標断念のお詫びと再設定、3カ月上達法の2ndテイク披露

土下座で謝罪

どうも、タヌスケです。

今回は過去記事のお詫びと反省、新たな目標設定について。そして【3カ月上達法】の2ndテイクが完成したので披露します。

  • 過去記事で大きな事を言ってしまったが、実現性が無いので撤回する記事の書き方を知りたい方。
  • あまり今後についての方針とか不確定な未来については記事で描かない方がいいという教訓。
メガネ
メガネ

なにそれ?

広告

過去記事についてのお詫び

今から約4か月前にイラスト上達の最短ルートを行け!という記事を書きました。

この記事で取り扱った動画の中に目標設定について語られた事もあって、期限と目標を設定した訳であります。

その目標とは・・

『イラスト描きとして認められるには?』→『SNSで評価される』→『今の主流、twitterで1,000イイねをもらう!』

としております。

しかし結果

0イイネ

メガネ
メガネ

・・・・

頑張ったけどダメだったならまだマシですが、はっきり言ってイラストのツイートは全くしてませんでした。

タヌスケ
タヌスケ

大口叩いてスミマセンでした。

(1000イイねでも少ないようなことを言っていたのが、恥ずかしい)

新たな目標設定

ついでに【目標設定】についてさらに加えると、記事作成時に思い描いていた最終目標は『イラストレーターになりたい』という事でしたが、最近は少し考えが変わってきました。

イラストは描きたいけど仕事にしたいのか?仕事にすることが目標なのか?

現実的に職業とするのは難しい事やイラストで生計を立てるのはかなり難しい事など現実的な問題も多々ありますが、まずは絵がうまくなりたいという欲求が一番になったという事です

そこで目標を変えます。

新たな目標は・・・

モデルや見本を見ずに人物・背景がいろんな角度から違和感なく描けるようになりたい!

イラストの練習をはじめた事で絵を描く事が具体的に思い描けるようになってきました。実際これも高すぎる目標ではありますが、現時点で最も自分が成りたい姿なのでこれを目標にしたいと思います。

広告

ルート変更について

イラスト上達の最短ルートを行け!についても考えが変わってきております。

当初この最短ルートについての記事を書いた時は、

タヌスケ
タヌスケ

これさえやればイラスト上達、間違いなし!

と思ってました。(本気で)

しかし、私はこの時良く理解していなかったのです。

動画で学べるのはノウハウです

そのため、イラスト上達の最短ルートのアプローチは 練習<ノウハウ でした。

ところが実際に絵の練習をはじめてみると、絵の上達=練習>ノウハウ だという事に気づきます。

絵の上達に最も必要なのは、実際に自分で繰り返し描く中で気付きや感覚を覚える事でした。

タヌスケ
タヌスケ

こんな当たり前の事に気づかなかった。

前回の記事で紹介した通り、思うように上達しないジレンマもありますがこれ以上の最短ルートは無いと実感しています。

非常に地味なので記事にもしづらい点が困りますが、日々の努力という最も効率性から縁遠い方法が最短ルートというオチになりそうです。

現在の練習法について

ちなみ現在、日々の練習として私が取り組んでおりますのは『モルフォ人体デッサン 新装コデックス版 』の模写です。

ひたすら模写するだけなので記事にはしませんが、ある程度したら成果についても検証してみたいと思います。もちろん最短ルート自体は一通りチャレンジするつもりです。

広告

3か月練習法2ndテイク

そんなこんなで長い前置きになりましたが、ここからが【3か月上達法】の2ndテイクです。

まずは、前回1stテイクの課題を振り返ります。

1stテイク作品

2カ月練習法 完成

前回作品の詳細についてはコチラをご覧ください。

【イラスト上達のロードマップ】3カ月上達法を実践したらどれくらい上手になるのか検証開始!
どうも、タヌスケです。 今回はいよいよ本題に突入します。 これまでの講座はいわば本題の為の助走。この本題をこなしてこその【イラスト上達のロードマップ】です。 短…
sinzakki.com

1stテイクの作品完成時には完璧の出来と自画自賛しておりました。

それからしばらく時間が経ち、『モルフォ人体デッサン 新装コデックス版 』の模写などの練習を積み重ね、改めて見てみると、、

メガネ
メガネ

あれっ?思ってたほどじゃねーなー・・・

ってなりました。

この変化は恐らく自分の目が肥えた事によって、前に見えなかった弱点が目に付いてしまったからだと思われます。

これはさいとうなおき氏も動画の中でおっしゃっておりました。

つまりコレはかの名著、幽遊白書で言うところの、、、

戸愚呂弟
戸愚呂

敵の本当の強さがわかるのも強さの内だ。

って言うことでしょ?

タヌスケ
タヌスケ

戸愚呂(弟)

ただ残念ながら、目が肥えたからと言って絵がうまくなった訳ではありません。成長過程のひとつと考えます。

ちなみに1stテイクで挙げた課題点がこちら

  • やはりバランスが悪い。重心がどこにあるのかわからない。お手本は伝わる。
  • 手・足のバランスがいまひとつ。
  • 主線の太さや色トレスのかけ方、黒線の残し方が下手→自分の作品はメリハリが足りない。
  • 目は意外とシンプルな塗り方だった。→これまではキラキラさせていたが、アップじゃなければ不要だった。
  • 小物のリアリティが弱い
  • 服のシワのリアリティが弱い。
  • 光源・シチュエーションの想定が甘い。何となくのハイライト・反射光。

これらを克服できたでしょうか?

2ndを見てみましょう!!

2ndテイク作品

3カ月上達法 2作品目

タイトルは『出会い』(完全な後付けです)

描いてみた感想ですが、1stテイクの時ほど今回はやり切った感はありませんでした。

理由は、シチュエーションやポーズが全然決まらなかったからです

描いている間にシチュエーションで右往左往してしまったのを無理やり落ち着かせた感じなので、前回の課題やら練習の成果やらを意識できずに描いてしまったからだと思います。

ちなみにお手本と比べてという工程はすっかり忘れてました。(個人的にはどうでも良くなってます)

noteではメイキングを紹介しておりますので、そちらもよろしければご覧ください。

https://note.com/sinzakki02/n/n150a55dfc1f7

自己判定

では一応前回からの課題についてクリアできたか自己判定します。

  •  △ やはりバランスが悪い。重心がどこにあるのかわからない。お手本は伝わる。
  •  △ 手・足のバランスがいまひとつ。
  •  △ 主線の太さや色トレスのかけ方、黒線の残し方が下手→自分の作品はメリハリが足りない。
  •  〇 目は意外とシンプルな塗り方だった。→これまではキラキラさせていたが、アップじゃなければ不要だった。
  •  △ 小物のリアリティが弱い
  •  △ 服のシワのリアリティが弱い。
  •  × 光源・シチュエーションの想定が甘い。何となくのハイライト・反射光。

と少し甘いかもしれませんが、改善がみられていると感じました。(結果的に)

新たな課題

  • シチュエーション→ポーズを考えてから描きはじめる。
  • そろそろ簡単な背景を描けるようになりたい。
  • 人体のバランスやパーツの更なる研鑽
  • 厚塗り・GTC(グリザイユは嫌い)・アニメ塗りとバランス良く取り入れる。

正直3カ月には絶対終われない事はわかってますが、このPDCAサイクルは有効だと思いますので、今後も自分のペースで進めてゆきます。

まとめ

今回は色々ゴタゴタとした内容となってしまいました。

ただ、以前の考えと今の行動が伴っていなかったのでモヤモしていましたが、絵の上達というシンプルな目標に変更した事で視界がスッキリしました。

また上達ルートについても目新しい新鮮な方法というよりも、地味に積み上げるしかないという結論に安心しつつも魔法のような方法は無いという現実を思い知りました。

まもなく3か月が経過してしまい、当初の目標達成は難しい状況となりましたが、次の作品に向けて前進してゆきますので、お付き合いお願いします。

今回は以上です。ご精読ありがとうございました。

また次回をお楽しみに。

土下座で謝罪
最新情報をチェックしよう!
>About Sin-Zakki

About Sin-Zakki

本ブログは文字通り雑記ブログです。
個人的な趣味を気の向くまま記事にしております。
あくまで個人的意見ですので、話半分にお願いします。